思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

ほったらかしでも無事に育ちました!(サトイモの収穫)

 

今年の5月にサトイモを植え付けました。
 ≪関連ブログ≫ 2019/07/22★植え付けたサトイモが大きくなってきました - 思い立ったが吉日!

 

気付いた時の土寄せと草取り、時々の追肥。
同じ畑で育てている他の作物の管理に手間がかかり、サトイモはほとんどほったらかしでしたが、土の中でイモは育っていました。

ジャガイモ・トウモロコシ・落花生が収穫を迎え、ニンニクと玉ねぎの植え付けが終わり、サトイモを収穫しました。

f:id:agri-connect:20191116231441j:plain
f:id:agri-connect:20191116231452j:plain
f:id:agri-connect:20191116231500j:plain

「2019 / 07 / 18」     「2019 / 08 / 17」     「2019 / 09 / 27」

f:id:agri-connect:20191116231514j:plain
「2019 / 11 / 02:葉が黄色になってきました。そろそろ収穫です」



一週間後、葉が枯れてきたので試しに一株だけ試し掘りしました。

f:id:agri-connect:20191116231528j:plain
f:id:agri-connect:20191116231548j:plain

f:id:agri-connect:20191116231611j:plain
「2019 / 11 / 09:思っていた以上に、立派なイモが収穫できました!」


試し掘りした翌週から、朝晩の冷え込みが厳しくなりました。
サトイモの葉は枯れてしまったので、すべて収穫しました。

f:id:agri-connect:20191116231624j:plain
「2019 / 11 / 16:霜が降りて、葉が枯れていました」


葉と茎を切り落とし、土を洗い流して乾燥させます。

f:id:agri-connect:20191116231648j:plain
f:id:agri-connect:20191117201309j:plain

「2019 / 11 / 16:大小いろいろですが、収穫できました


収穫したサトイモを煮物にしました。
自分が育てたものをいただくこと、とても贅沢で幸せです。

そして、サトイモがネットリしていてとても美味しいです!
追肥に有機肥料を使ったことが良かったのだと思います。
 ≪関連ブログ≫ 2019/07/22★植え付けたサトイモが大きくなってきました - 思い立ったが吉日!

f:id:agri-connect:20191117201323j:plain
「2019 / 11 / 17:私はサトイモの皮むきを手伝い、作ってくれたのは夫です」

 

今回、初めてサトイモを育てました。

サトイモを植え付けてからなかなか大きくならなかったことと、芽かきをしなかったので小さなイモになったことを踏まえ、次回また育てる時はもう少し手をかけようと思います。

 

“ふじ”の選り取り収穫が始まりました!

 

11月上旬。
今年は、全体的にりんごの収穫時期が遅れています。

なかなか色付かないのですが、“ふじ”の選り取り収穫が始まりました。

f:id:agri-connect:20191116133210j:plain
「2019 / 11 / 07:ふじの半わい化」

“ふじ”の選り取り収穫では、収穫できるりんごの見極めが大切です。
りんごの手触り“収穫のサイン”を見極めるヒントなので、作業は素手で行います。
 ≪関連ブログ≫  2018/11/14★“ふじ” の選り取り(えりどり)収穫が始まりました! - 思い立ったが吉日!

 

 ●赤くても、お尻が緑色であれば、収穫はしません
  →緑色が抜けて、黄色または赤色になっていれば “収穫のサイン”

 ●りんごの「表面がしっとり」していれば “収穫のサイン”
  →
だから、収穫作業は素手で行います

 ●赤くても、ブルームで白みがかっていれば、収穫はしません
 →ブルームが抜け、赤く艶(つや)っぽくなっていれば “収穫のサイン”

f:id:agri-connect:20191116133243j:plain
「2019 / 11 / 07:赤いのですが、まだブルームが残っているりんご」

 


選り取り収穫していますが、色付きが良くないのでたくさんは収穫できません。
そして今年は、このように割れてしまっているりんごが多いです。

f:id:agri-connect:20191116133232j:plain
f:id:agri-connect:20191116133222j:plain

 

 

選り取り収穫を進めていく中で、偶然 “鳥さんの巣” を見つけました!

f:id:agri-connect:20191116133253j:plain
「どこに巣があるか、わかりますか?」

 

脚立に乗って収穫作業をしていたので、かなり近いところに居たのですが全く動じないキジバトの幼鳥。りんごの収穫作業で、騒がしくしてごめんね。

f:id:agri-connect:20191116133305j:plain
f:id:agri-connect:20191116133316j:plain

「肝の据わっている、キジバトの幼鳥(同じ鳥を別アングルにて)」

 ≪関連ブログ≫ 2019/08/06★「林檎(りんご)」の名前の由来、知っていますか? - 思い立ったが吉日!

 

畑の標高にもよりますが、今年は11月中旬ごろから周りの農家さんたちも収穫作業が始まりました。

選り取り収穫で少しでも収穫が進めば、収穫本番になった時の作業が集中しなくて済みますが、なかなかうまくはいかないようです。

収穫作業が終わっても選果して出荷・販売なども行うので、忙しさは12月中旬~下旬まで続きます。

 

段ボールコンポスト10号が稼働しました ~生ごみを堆肥にしてリサイクル~

 

2016年6月から作り、使い始めた【段ボールコンポスト】。

今回「コンポスト10号」が稼働を始めました。

長くやろうと決めていたわけではないのですが、気づけば3年以上も続いています。

 

 

≪コンポスト10号(11/03~稼働中)≫

毎回のことですが、箱の状態がいいので、今回も再利用します。
北海道で使っていた箱は毎回交換していたので、驚異の長持ち継続です。

f:id:agri-connect:20191112231221j:plain
「2019 / 11 / 03:コンポスト10号を作ります」

毎回のことですが、ピートモスくん炭の分量は「3:2」(ざっくり目分量)。

f:id:agri-connect:20191112231230j:plain
f:id:agri-connect:20191112231239j:plain

「2019 / 11 / 03:ピートモスとくん炭を混ぜれば、出来上がり!」

 

≪ふりかえり(コンポスト9号)≫

“お腹いっぱい”になり、「コンポスト10号」とバトンタッチした「コンポスト9号」【14㎏以上】もの生ごみを処理してくれて、今は熟成中です。

f:id:agri-connect:20191112231253j:plain
(※稼働期間:2019/07/26~2019/11/02)⇒100日間

 

 

≪“堆肥”として畑へすき込み≫

生ごみを計量してコンポストへ入れることが日課となり、熟成させてから畑へすき込み“堆肥”にします。

f:id:agri-connect:20191112231633j:plain
「2019 / 06 / 21:畑へすき込み、生ごみは“堆肥”へ変身します!!」

≪関連ブログ≫
 2019/07/30★段ボールコンポスト9号が稼働しました ~8号は熟成中、7号は畑へ~ - 思い立ったが吉日!

 

その4ヶ月後。土の中でさらに細かく分解され“堆肥”になりました!

f:id:agri-connect:20191112231904j:plain
f:id:agri-connect:20191112231914j:plain

「2019 / 10 / 20:たまごのカラや、玉ねぎの皮もほとんどなくなりました」

 

その“堆肥”で、野菜を育てます。
今回は、玉ねぎの苗を植え付ける場所に散布(“くん炭”と一緒に)。

f:id:agri-connect:20191112231927j:plain
「2019 / 10 / 20:耕してすき込み、後日黒マルチを敷き“玉ねぎの苗”を植え付けます」

≪関連ブログ≫ 2019/10/31★玉ねぎの苗を植え付けました2019(もみじ3号) - 思い立ったが吉日!

 

これから寒い時期は、コンポストの処理能力も低下してきます。

毛布を掛けたり、ペットボトル湯たんぽなどで今回の冬を乗り切ります!

 

庭に“ほうれん草”と”ニンニク”を植え付けました2019 ⑤(富良野在来④)

 

前回(11/04)、でべそ畑に“富良野在来”を植え付けしましたが、残った分を庭に植え付けました(今年5度目のニンニクの植え付け)。

 ≪関連ブログ≫
  2019/09/29★ニンニクを植え付けました2019 ①(富良野在来) - 思い立ったが吉日!
  2019/10/11★ニンニクを植え付けました2019 ②(アホモラード) - 思い立ったが吉日!
  2019/10/25★ニンニクを植え付けました2019 ③(富良野在来②) - 思い立ったが吉日!
  2019/11/04★ニンニクを植え付けました2019 ④(富良野在来③) - 思い立ったが吉日!

 

時期が遅いのを承知で、“ほうれん草”も種まきしました。

f:id:agri-connect:20191109210007j:plain
「2019 / 11 / 02:庭の植え付け状況」

 

【庭A:ほうれん草&富良野在来】 

f:id:agri-connect:20191109210024j:plain
f:id:agri-connect:20191109210041j:plain

「2019 / 10 / 03:ほうれん草の種まき」  「2019 / 10 / 28:富良野在来の植え付け④」
 

【庭B:富良野在来】

f:id:agri-connect:20191109210041j:plain
「2019 / 10 / 28:富良野在来の植え付け④」


【庭C:富良野在来のむかご(種芽)】

“むかご”とは、わき芽が養分を貯えて大きくなったもの

去年の秋に植え付けして今年の6月に収穫した“富良野在来”は、鱗片がキレイなピンク色ではないものが多かったのですが、“むかご”はその色を引き継いでいたので試しに植え付けました。

f:id:agri-connect:20191109213855j:plain
「2019 / 11 / 02:見た目はニンニクの鱗片とあまり変わらないニンニクのむかご」

 

f:id:agri-connect:20191109213918j:plain
「2019 / 06 / 28:収穫した“富良野在来”と“むかご”」

 

今年はたくさん、ニンニクを植え付けています。

気候の問題なのか、土の問題なのか・・・。
富良野在来の特徴である「ピンクの薄皮」のニンニクが収穫できればいいと思います!

 

≪ニンニク 観察日記≫
 ニンニク 観察日記 カテゴリーの記事一覧 - 思い立ったが吉日! 

 

”王林”の選り取り収穫をしました!

 

ようやく朝晩が冷え込むようになりました。
日中との寒暖の差が出始めた10月末に“王林(おうりん)”の選り取り収穫をしました。

f:id:agri-connect:20191107204520j:plain
「2019 / 10 / 30:“王林”の選り取り収穫のようす」

“王林”などの「赤くないりんご」は、葉摘みなどの着色管理は不要ですが、収穫時期の見極めが難しいです。

“王林”の場合は・・・
 ■青みが抜けて、黄色いもの
 ■果点(かてん)がハッキリしているもの(果点の凹凸が触ってわかるもの)
 ※「果点(かてん)」とは・・・りんごの表面に見られる点々で、酸素呼吸するため
                の気孔のこと。


同じ時期の“王林”。

どちらを選り取り収穫するかは 、一目瞭然!!

f:id:agri-connect:20191107211654j:plain
f:id:agri-connect:20191107211704j:plain

 「2019 / 10 / 30:選り取り収穫する“王林”は・・・左!

 

f:id:agri-connect:20191107212525j:plain
「 “近く”で見ているとどれもこれも黄色に見えるので、“ちょっと後ろから見る” 」


“王林”は、香りがとても特徴的。
選果している時には、いい香りに包まれています。

 ≪関連ブログ≫ 2018/11/08★“王林(おうりん)”を収穫しました! - 思い立ったが吉日!

 

袋を活用して育てた“落花生”を収穫しました

 

畑で育てていた落花生はハクビシンによる被害で収穫を早めましたが、袋を活用して育てた落花生は順調に育ち、収穫を迎えました。

 ≪関連ブログ≫ 2019/10/05★ハクビシンの被害で“落花生”の収穫を早めました - 思い立ったが吉日! 


10月中旬
ごろの様子。
土の中に伸びたツル(子房柄)の先には、落花生が育っています。

f:id:agri-connect:20191102222637j:plain

f:id:agri-connect:20191102222649j:plain
f:id:agri-connect:20191102222700j:plain

「2019 / 10 / 15:まだ大きくなりそうなので、収穫はもう少し待ちます」

 

11月上旬
晴れが続いた日に収穫を迎えました。

葉の様子など、10月と大きく変化が無いように見えますが、落花生は大きく育っていました。

f:id:agri-connect:20191102222709j:plain
f:id:agri-connect:20191102222720j:plain

f:id:agri-connect:20191102222730j:plain
「2019 / 11 / 02:予想以上に、大きな落花生が付いていました!!」

 

今回、袋を活用して落花生を育てましたが、文句なしの大豊作です!!
そして、育てて気づいたことは以下の通りです。

≪気づいたこと≫
 ●根がたくさん張るので、使う袋は大きめのものが良い
  ⇒私が使った袋は【25L】の土が入っていたものを再利用

 ●葉が茂ってくると袋の中に雨が入りづらくなるので、水やりに気を付ける

 ●花が咲き終わり、ツル(子房柄)が外へ外へ伸び始めたら袋を伸ばして誘導する
   ≪関連ブログ≫
   
2019/09/09★落花生(らっかせい)栽培のリベンジ④ ~不織布ベタがけの効果~ - 思い立ったが吉日!


≪袋を活用した 落花生栽培①~③≫
 2019/07/18★落花生(らっかせい)栽培のリベンジ - 思い立ったが吉日!
 2019/08/13★落花生(らっかせい)栽培のリベンジ ② ~大きくなってきました~ - 思い立ったが吉日!
 2019/09/09★落花生(らっかせい)栽培のリベンジ④ ~不織布ベタがけの効果~ - 思い立ったが吉日!


≪落花生 観察日記≫
 落花生 観察日記 カテゴリーの記事一覧 - 思い立ったが吉日! 

 

ニンニクを植え付けました2019 ④(富良野在来③)

 

前回(10/21)に続き、“富良野在来”を植え付けしました。

f:id:agri-connect:20191103224658j:plain
「2019 / 10 / 28」
 ≪関連ブログ≫
  2019/10/25★ニンニクを植え付けました2019 ③(富良野在来②) - 思い立ったが吉日!

 

≪ニンニクの植え付け④≫

今シーズン4度目の植え付け作業。

植え付け時期に時間差を付ければ、収穫時期も時間差で出来るのでは・・・と思っていますが、一度のたくさんの作業が出来ないので少しずつ耕して植え付けしているのが本音です。

f:id:agri-connect:20191103224707j:plain
f:id:agri-connect:20191103225649j:plain

「2019 / 10 / 28:今回は6番目の畝に植え付けました」

 
今年の6月に収穫した“富良野在来”がもう少しあります。
このニンニクはとても貴重なので、畑を耕し、また植え付ける予定です。

 

≪ニンニク 観察日記≫
 ニンニク 観察日記 カテゴリーの記事一覧 - 思い立ったが吉日! 

  

そしてこの日は、ニンニクの植え付けが終わってから、玉ねぎの苗を植え付けました。
 ≪関連ブログ≫
  2019/10/31★玉ねぎの苗を植え付けました2019(もみじ3号) - 思い立ったが吉日!