思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

「農業次世代人材投資資金」の交付対象年齢の引き上げについて

 

これは40歳過ぎから新規就農を目指している方々にとって、希望の光となるはず!!

 

新規就農を目指している方を支援する
国の資金制度「農業次世代人材投資資金」があります。

【年間で最大150万円】の交付は、これから農業を目指す方や新規就農者にとって
心強いもの。

 

ただし、交付金を受けるにあたり、いくつかの条件をすべて満たさなければ
なりません。

その条件の一つが【年齢】
「独立・自営就農時の年齢が、原則45歳未満なのです。

若い方たちは、難なくクリアできる条件ですが、40歳以上の私たちにとってはかなり
深刻な問題です。
何をしても、自分の年齢が今より若くなることなどあり得ないからです。


それがこの度(2019年度から)
「独立・自営就農時の年齢が、原則45歳未満から
「~原則50歳未満」と、年齢条件が引き上げになります!!

 

f:id:agri-connect:20190313222619j:plain

「日本農業新聞より引用」

 【日本農業新聞】https://www.agrinews.co.jp/

 

これにより、45歳以上の方にも交付金を受けられる可能性が出てきました!
大変ありがたいことです!!!

 

そもそもこの制度は、若い新規就農者向けの交付金なんかもしれません。

“40歳以上になれば、ある程度の資金は自分で持っていますよね” ということを踏まえ、
“~45歳未満”だったのかもしれません。

しかし現実は、資金を十分に持っている40代ばかりではないと思います。
それでも「農業をやりたい!」と強い想いを持った人を、私は知っています。

若い方たちだけではなく、農業に興味・関心がある40代もいるはずです。

今回、年齢条件が引き上げになったことにより、若い方たちも含め
「本気で農業をはじめたい!」と思っている方々や、
「40歳過ぎから新規就農を目指したい!」
と思っている方々が、農業の世界へ
一歩踏み出せるキッカケになればいいと思います。

 

病患部の削り取り作業が始まりました!(腐らん病①)

 

剪定作業の途中ですが、暖かい陽気で腐らん病が例年より動き出しが早いとの事で、  “腐らん病”“赤衣病(あかころもびょう)”の病患部を削り取る
作業が始まりました。

剪定をしていた時に見つけたことがありましたが、樹齢が経っている樹の病斑を
見つけることがとても難しいです。 

 ≪関連ブログ≫
   2019/02/18★りんごの剪定作業が始まりました!③:ふじの成木(15年生) - 思い立ったが吉日!


ここでは、“腐らん病” のお話。 

 

≪“腐らん病”とは

 ■腐らん病の菌は、胞子を噴出して樹の傷口から侵入する

 ■腐らん病になった樹から、胞子を噴出して他の樹へ感染する

 ■樹皮を褐変・軟化腐敗させ、病患部が枝や幹を一周すると、その先へ養分が
   行き渡らなくなり枯死する

 ■腐らん病は、黒い病斑が特徴
   初期は黒い病斑が見られず、樹皮の色に変化(赤っぽい色)が現れる。

 ■腐らん病は、アルコールのようなフルーティーのような独特の香りがする
  (昨年に進行した部分は乾燥していて、香りはしない)。

 ■病気の進行が早く、早期発見・早期治療が最善策だが、治療しても転移して
   再発する可能性がある

 

≪治療法≫
  ⇒病患部を 全て削り取り、薬を塗布 する。

  ⇒腐らん病が広範囲に進行している場合は 切り落とす
   (病患部が枝や幹を一周すると、その先へ養分が行き渡らなくなり
    治療しても枯死するため


≪かかりやすい品種≫
   紅玉、ジョナゴールド、王林、つがる、陽光

 

 

f:id:agri-connect:20190311233458j:plain
「この樹のどこかに 初期の“腐らん病”があります(ジョナゴールド)」

 

ココです!!

f:id:agri-connect:20190312205603j:plain
「早期発見(微妙な色の変化で気づくこと)ができれば、被害は最小限で済みます」


亜主枝・側枝に発症した 腐らん病(ふじ)。
病気が枝を一周しているので、治療できず切りました。

f:id:agri-connect:20190312213027j:plain
f:id:agri-connect:20190312211132j:plain

「明らかに枝の様子が違います」     「少し削ってみました」

 

f:id:agri-connect:20190312211149j:plain


 

発見・治療が遅れてしまい、樹の姿が大きく変わってしまうこともあります。

f:id:agri-connect:20190312212418j:plain
f:id:agri-connect:20190312212429j:plain

「Before①」              「After①」

 

f:id:agri-connect:20190312214259j:plain
f:id:agri-connect:20190312214543j:plain

「Before②」              「After②」


右側の大枝は 、以前治療したところから再発してしまい
病患部が枝を一周してしまっているので、切ることになりました。

f:id:agri-connect:20190312220823j:plain
「腐らん病患部を削り取りました」

 

チェーンソーの出番です。

f:id:agri-connect:20190312220952j:plain
 「枝が大きいので、少しずつ切り進めていきます」

 腐らん病を削り取った部分と、チェーンソーで切った切り口に薬を塗布。

f:id:agri-connect:20190312222732j:plain
f:id:agri-connect:20190312222747j:plain

 「大枝を切りました」          「薬を塗布しました」

 

切り落とした大枝。

ここまでりんごの枝が成長するのに、どれだけの時間と手間をかけたでしょうか・・・。
“腐らん病”は、「早期発見・早期治療」に限ります!!!

f:id:agri-connect:20190312223320j:plain
「チッパーで粉砕しやすいように、適当な長さに切りました」
 

東日本大震災から8年(2019/03/11)

 

毎年【03 / 11  14:46】に、黙とうをささげています。

 

震災後、何度となく被災地を訪れ、復興していく様子を見てきました。

   初めて、被災地を訪れた時のこと。
   私なりに強い想いを胸に被災地へ足を運んだのですが、バイクに荷物を積んで
   被災地を走っている姿は、被災地の方々にはどう見えているのだろう・・・。

   ふと、走りながら “ここ(被災地)に来るべきではなかったのではないか・・・” と
   いう気持ちでいっぱいになりました。

 

休憩していると「あら~北海道からきたの?」と、声をかけられました。
ニコニコしながら声をかけてきたのは、地元のお父さん。

いろいろお話をしました。震災のことも話してくれました。
走りながら感じていたモヤモヤした自分の気持ちを、思い切って話しました。

地元のお父さんは「来てくれて、ありがとう」
「被災地の今の状況を、もっとたくさんの人に知ってほしい」と。

なんだか泣けてきました。
 

その後も、たくさんの地元の方とお話する機会がありました。
皆さん、あの地元のお父さんと同じことを言うのです。

大変な思いをされているのに、皆さん暖かくて私の方が元気づけられました。

 

そして「忘れないこと」

東日本大震災は、今の私につながっています。
遠く離れていますが、私は忘れません。

 

~TRAIN BLEU~(岐阜県高山市西之一色町)

 

先月行った「白川郷」の帰りに、立ち寄りました。

f:id:agri-connect:20190308212105j:plain
「TRAIN BLEU(トラン・ブルー)」

 

いつも午前中に行くことが多く、入場制限がかかり外まで並んでいるのですが、
この時間(17時頃)はすぐに中へ入ることができました。

f:id:agri-connect:20190308213103j:plain
f:id:agri-connect:20190308213118j:plain


 

お目当ては、この「Tバケット」!!

f:id:agri-connect:20190308213227j:plain「左から: ミルクスティック(200円)、ブリオッシュ カスタード(200円)、Tバケット(350円)」

 

個人的に、この「Tバケット」が一番好きです!

噛めば噛むほど・・・クセになります。
購入したその日に食べるのと、翌日に食べるのでは、また違うパンを食べているような
感じがします。

ここのパンを知ったのは夫から聞いたからなのですが、

「以前パン仲間とフランスを回った時、本当の田舎に3つ星クラスの名店があったんです。日本は東京に集中していますが、高山のような地方の小さな街にこそ、味・接客の
優れた店があるべきだと。(HPから引用)」

という想いに共感し、興味が湧き、訪れてファンになりました。

高山方面へ行く際には、いつも立ち寄らせていただいております。

【岐阜県・飛騨高山のブーランジェリー】トランブルー http://www.trainbleu.com/index.html

 

~白川郷~(岐阜県大野郡白川村)

 

先月、合掌造りの集落で知られる「白川郷」へ行ってきました。

f:id:agri-connect:20190306233259j:plain「白川村のマンホール」


冬に行くのは今回が初めてで、目的地までの道路状況が分からなかったため、
山越えルートではなく走りやすいルートから行きました(高速道路使用)。

【高速道路①:園原IC~中津川IC→440円/軽自動車】

f:id:agri-connect:20190306232317j:plain
f:id:agri-connect:20190306232340j:plain
f:id:agri-connect:20190306232435j:plain



中津川市から高山市までは、国道を走りました。

f:id:agri-connect:20190307220518j:plain
f:id:agri-connect:20190307220539j:plain
f:id:agri-connect:20190307220614j:plain

 

【中部縦貫道:高山西IC~飛騨清見IC→0円/軽自動車】

f:id:agri-connect:20190306232620j:plain
f:id:agri-connect:20190306232748j:plain
f:id:agri-connect:20190306232818j:plain

 

【高速道路②:飛騨清見IC~白川郷IC→480円/軽自動車】

f:id:agri-connect:20190306233228j:plain
f:id:agri-connect:20190306232947j:plain
f:id:agri-connect:20190306233956j:plain

 

白川郷ICを出て、白川郷荻町合掌集落を一望できる展望台へ向かいます。

f:id:agri-connect:20190306234036j:plain
f:id:agri-connect:20190306234053j:plain

 

白川郷荻町合掌集落と白山連峰を一望できる場所です。
雪が少なく、屋根の雪もほとんどありませんでしたが、国内外の観光客はたくさん
いました。

f:id:agri-connect:20190306232144j:plain「合掌造りの家は、雪風を避けるために同じ方向を向いて建てられています」

 

ここから徒歩で、白川郷荻町合掌集落を散策しました。

f:id:agri-connect:20190307212833j:plain

f:id:agri-connect:20190307212858j:plain
f:id:agri-connect:20190307212925j:plain

 

f:id:agri-connect:20190307214529j:plain
f:id:agri-connect:20190307214548j:plain
f:id:agri-connect:20190307214425j:plain
f:id:agri-connect:20190307214456j:plain
f:id:agri-connect:20190307214321j:plain
f:id:agri-connect:20190307214355j:plain


 

f:id:agri-connect:20190307213556j:plain
f:id:agri-connect:20190307213926j:plain

「明善寺」               「白川八幡神社」


2階に扉がある家があります。
豪雪の際は、ここから出入りするとか。よく見るとハシゴも用意されています。

f:id:agri-connect:20190307215804j:plain

f:id:agri-connect:20190307215901j:plain
f:id:agri-connect:20190307215838j:plain

 


f:id:agri-connect:20190307214745j:plain
f:id:agri-connect:20190307214817j:plain

f:id:agri-connect:20190307214900j:plain「遠く、山の上の展望台まで徒歩で戻ります」

 

 

白川郷のライトアップは、2019年から事前予約制になり今年は全6回の開催でした。

 ●ライトアップ開催当日は、駐車場や展望台の利用時間が制限されます
  →駐車場は14時以降、展望台は15時以降の利用不可

 ●ライトアップの時間は、17時30分~19時30分 (白川郷観光協会HPから引用)

 ※詳しくはコチラ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 【2019年白川郷ライトアップ】白川郷観光協会 https://shirakawa-go.gr.jp/events/lightup2019/

 

たぶん、来年のライトアップも事前予約制となると思います。
今回は機会を逃しましたが、冬季の期間限定ライトアップも見てみたいです。

 

りんごの剪定作業が始まりました!④ 紅玉のわい化(20年生)&ジョナゴールドのわい化(40年生)

 

りんごの剪定作業、まだ続きます!!

 【りんごの剪定作業が始まりました!①】は、剪定の基本作業
≪関連ブログ≫
 2019/01/12★りんごの剪定作業が始まりました!①:三又を1本にする - 思い立ったが吉日!

 

【りんごの剪定作業が始まりました!②~③】は、成木の剪定で、樹を大きく育てる
  目的がありました。
≪関連ブログ≫
 2019/02/01★りんごの剪定作業が始まりました!②:ふじの若木(10年生) - 思い立ったが吉日!
 2019/02/18★りんごの剪定作業が始まりました!③:ふじの成木(15年生) - 思い立ったが吉日!

 

今回の【りんごの剪定作業が始まりました!④】は、“わい化”の剪定
考え方が少し異なります。

 

≪わい化(矮化)≫

 ■“わい化(矮化)”とは・・・植物などを人為的に小さく仕立てること

 ■“わい化栽培”とは・・・樹の成長を抑える性質を持った台木(わい性台木)を
                   利用して、樹を小さく育てる栽培方法のこと

  ※使用する台木によって、成長するりんごの樹の大きさが変わってきます。

 f:id:agri-connect:20190301191625j:plain「紅玉のわい化栽培(20年生)」

f:id:agri-connect:20190225225107j:plain
f:id:agri-connect:20190302233025j:plain

「紅玉の台木⇒M9台木を使用」

 

f:id:agri-connect:20190301191335j:plain「ジョナゴールドのわい化栽培(40年生)」

f:id:agri-connect:20190302232557j:plain
f:id:agri-connect:20190302232619j:plain

「ジョナゴールド⇒M26台木を使用」

 

  「わい化栽培の利点」 ※他にもあると思います
  ①早い時期からたくさん収穫できる
  ②少ない面積でたくさん栽培することができる
  ③太陽光が差し込みやすくなるため、果実の着色が良くなる
  ④高所作業が軽減され、作業効率と安全性が向上

 

  「わい化栽培の欠点」 ※他にもあると思います
  ①支柱や苗木代などの開園費がかかる
  ②たくさん実をつけすぎると、樹勢が弱りやすい
  ③根が浅いので、台風や湿害・干害の影響を受けやすい

 

≪わい化栽培の剪定方法≫
小さく仕立てることが目的である“わい化栽培”の剪定の考え方は「現状維持」
徒長枝は切り落とし、枝同士が当たっている箇所を剪定します。

f:id:agri-connect:20190225224050j:plain
f:id:agri-connect:20190225224214j:plain

「Before①」               「After①」

f:id:agri-connect:20190225224230j:plain
f:id:agri-connect:20190225224244j:plain

「Before②」               「After②」

f:id:agri-connect:20190225224306j:plain
f:id:agri-connect:20190225224324j:plain
f:id:agri-connect:20190225224338j:plain

「Before③」                     「After③」

 

贈答用のりんごの樹は樹勢が落ち着いているので、これまでの剪定方法(①~③)の
剪定方法というより、今回の剪定方法(④)の応用の剪定です。

もちろん、贈答用のりんごの剪定はベテランさんが行います。

 

ハスカップの芽が出始めてきました

 

畑から鉢に植え替えして、自宅の庭で年を越したハスカップたち。

特に変化がないように思いますが、“春を心待ちにしているサイン”を見つけました。

f:id:agri-connect:20190224182951j:plain
「ハスカップの鉢①と、アスパラガスの鉢」

 

寒い時期は特に何もしませんでしたが、ここ最近は暖かい陽気が続いているので
水やりを始めていました。

f:id:agri-connect:20190224183008j:plain「ハスカップの鉢②」

 

先日、水やりの時に気づいたのですが、もう芽が出始めていました!

f:id:agri-connect:20190224223327j:plain
f:id:agri-connect:20190224223340j:plain

「“春を心待ちにしているサイン”を見つけました」 

 

昨年、北海道の庭に植え付けていたハスカップは、芽の出始めが4月下旬ごろ
だったので、長野県では2ヶ月ぐらい早いようです。

≪関連ブログ≫  2018/05/13★ハスカップの花が咲きました - 思い立ったが吉日!

 

昨年の秋に、大きい鉢へ植え替えをしたら樹勢が弱くなり、葉もどんどん落ちて
しまったハスカップからも芽が出ていたので、まずはひと安心です。

 f:id:agri-connect:20190224223528j:plain

 

≪関連ブログ≫
  2018/05/13★ハスカップの花が咲きました - 思い立ったが吉日!
  2018/05/28★ハスカップの苗30本、仲間入りしました - 思い立ったが吉日!
  2018/06/12★ハスカップの苗24本、引っ越しました - 思い立ったが吉日!
  2018/07/05★収穫が始まりました(ミニトマト・ピーマン・ナス … ハスカップ) - 思い立ったが吉日!
  2018/07/25★雑草を活用しています「雑草マルチ」 - 思い立ったが吉日!

 2019/01/16★ようやく雪がうっすら積もりました(※番外編:ハスカップ...その後) - 思い立ったが吉日!