思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

畑の引っ越し&ニンニクの植え付けをしました2020

 

今回でシーズン目のニンニクを植え付けました(富良野在来・アホモラード)。

そして、昨年まで使っていた畑から、畑を引っ越しました。
畑の引っ越しばかりでなかなかいい土づくりができませんが、借りている以上は仕方がないこと・・・。 

引っ越し先は、りんごを育てている畑です。
(いずれここにりんごの苗木を植え付けるので、ニンニクは一時的な引っ越し)。

 

土が固く踏み固められているのと、石がゴロゴロしているのでトラクターでも苦戦しました・・・。

f:id:agri-connect:20200930210758j:plain
f:id:agri-connect:20200930210822j:plain

「2020 / 09 / 22:トラクターで耕します」 「2020 / 09 / 22:なんとか耕しました」


肥料をすき込み、石拾いしながら土を均しました。

f:id:agri-connect:20200930211049j:plain
「2020 / 09 / 23:掘れば掘るだけ、石がゴロゴロ・・・」


黒マルチを敷きました。
そしてこの作業で、久々にひどい筋肉痛に・・・。

f:id:agri-connect:20200930211508j:plain
「2020 / 09 / 24:今回も100均の黒マルチを使用」
≪関連ブログ≫ 2018/09/29★ニンニクを植え付けました(富良野在来) - 思い立ったが吉日!



ニンニクを植え付けしました(富良野在来・アホモラード)。

f:id:agri-connect:20200930211722j:plain
f:id:agri-connect:20200930211728j:plain

「2020 / 09 / 29:今回は ‟富良野在来:252個”、‟アホモラード:100個”を植え付け」

 

りんごの葉摘みや収穫で忙しくなってくる時期ですが、時間があればもう少し植え付けできれば・・・と考えています。

f:id:agri-connect:20200930211732j:plain
「2020 / 09 / 29:植え付けて水やりしました」

 

≪ニンニク 観察日記≫ 
 ニンニク 観察日記 カテゴリーの記事一覧 - 思い立ったが吉日!

 

シナノスイートの葉摘みを始めました!

 

2020年9月17日(木)
日中は半袖で過ごしていますが、朝晩は涼しく過ごしやすくなり、シナノスイートの葉摘みを始めました。

f:id:agri-connect:20200926235517j:plain
f:id:agri-connect:20200926235521j:plain

「2020 / 09 / 17:わい化のシナノスイート」


2020年9月19日(土)
シナノスイートは赤いりんごなので赤くなるのは当然ですが、周りのりんごより妙に赤く色づいているもの‟要注意“です。

f:id:agri-connect:20200926235546j:plain
「2020 / 09 / 19:りんごの中が腐敗している可能性があるからです(心かび病)」

 

周りのりんごが色づいてしまうと判別できなくなるので、今の時期に妙に赤く色づいているものは取り除いています(※詳しくは、下記のリンク参照)

 ≪関連ブログ≫ 2019/09/15★”シナノスイート”の「葉摘み」と「重要」な作業! - 思い立ったが吉日!

 

新規就農してから毎日のように行けませんが、行けばいつも遊んでくれるヤギたちのところへ時々足を運んでいます。
ヤギに癒され、ココからの景色が素晴らしいと改めて感じます。

f:id:agri-connect:20200926235726j:plain
「2020 / 09 / 19:“わたげ”と“はな坊”(もちろん‟ポポちゃん“も元気です)」
 ≪関連ブログ≫ 2020/01/05★~初詣とヤギにご挨拶~(長野県下伊那郡松川町) - 思い立ったが吉日!

 

2020年9月20日(日)
この日でシナノスイートの葉摘み作業が終わりました。

f:id:agri-connect:20200926235750j:plain
「2020 / 09 / 20:空が高い、秋晴れです!」

 

あとは収穫を待つのみですが、シナノスイートの収穫前は台風が来る時期。
収穫を無事に終えるまで、心配事は尽きません。

f:id:agri-connect:20200926235809j:plain
「2020 / 09 / 20:今日のカエルくん」


2020年9月21日(月)
この日の昼ごろ、台風12号が発生。
当初、日本列島を横切るような予想進路でしたが、大幅に進路を変更して3日後の09/24(木)に温帯低気圧となりました。

 

根気と時間、時々ポットの引っ越し(観察します⑬)

 

「種まきしたりんご」を育てるには、根気時間が必要です。

  

2020年 8月
毎日、30℃以上の暑い日が続いています。
暑い時期の植え替えがいいとは思いませんし、オススメしませんが、小さいポットだとすぐ乾いてしまい水やりが追いつかないので、大きいポットへ引っ越しをしました。

f:id:agri-connect:20200922221619j:plain
「2020 / 08 / 06:‟見えている部分”は小さくても、土の中ではこんなに根が伸びていた!」

f:id:agri-connect:20200922221737j:plain
f:id:agri-connect:20200922221738j:plain

「2020 / 08 / 06:引っ越し(Before)」  「2020 / 08 / 06:引っ越し(After)」

 

数日かかりましたが、ポットの引っ越し完了!!
とにかく、たくさん水やりをしています。

f:id:agri-connect:20200922221841j:plain

f:id:agri-connect:20200922221847j:plain
f:id:agri-connect:20200922221855j:plain

「2020 / 08 / 08:りんごの種 年生」  「2020 / 08 / 08:りんごの種 年生」

 

2020年 9月
暑さのピークは過ぎ、朝晩涼しくなり過ごしやすい陽気になりました。
暑い時期はなんとなく薄くて気になっていた葉の色も緑色になり、元気に育っています。

f:id:agri-connect:20200922222023j:plain

f:id:agri-connect:20200922222018j:plain
f:id:agri-connect:20200922222003j:plain

「2020 / 09 / 20:りんごの種 年生」  「2020 / 09 / 20:りんごの種 年生」

2018年の秋・冬に蒔いた「りんごの種たち2年生」は、未だ1本棒

枝が出て花が咲き、実をつけるなんてまだまだ先のことになると思いますが、私がおばあちゃんになるまでには実をつけてほしいなぁ・・・と思っています。

引き続き、観察します!!


≪りんごの種 観察日記≫
 りんごの種 観察日記 カテゴリーの記事一覧 - 思い立ったが吉日!

 

シナノドルチェの葉摘み&収穫が始まりました!

 

2020年9月5日(土)
つがるの収穫の合間に‟シナノドルチェ“の葉摘みをしました。
樹がそれほどないので、葉摘み作業は半日で終わりました。

f:id:agri-connect:20200918211226j:plain
「2020 / 09 / 05:赤というより濃いピンク色のカワイイ色のりんご」

 

‟シナノドルチェ“は今まで栽培したことがなかったのですが、早生種「つがる」と中生種「シナノスイート」の収穫期をつなぐことができ、りんごの色もかわいい、歯ごたえも味もよく、とても気に入りました。

f:id:agri-connect:20200918211304j:plain

f:id:agri-connect:20200918211318j:plain
f:id:agri-connect:20200918211321j:plain

「2020 / 09 / 05:わい化のシナノドルチェ。畑に点在しています」

 

つがるの葉摘みの頃より暑さや日差しが和らぎましたが、控えめに葉摘みをしました。
葉がりんごのおいしさを作るので、色は付いてほしいけどりんごのおいしさも求めたいから。

f:id:agri-connect:20200918211407j:plain
f:id:agri-connect:20200918211411j:plain

「葉摘み:Before」           「葉摘み:After 」

 

カエルくんは、狭いところが好きです。

f:id:agri-connect:20200918211501j:plain

f:id:agri-connect:20200918211457j:plain
「2020 / 09 / 05:今日のカエルくんたち」

 

2020年9月9日(水)
‟シナノドルチェ“の選り取り収穫をしました。

f:id:agri-connect:20200918211716j:plain
f:id:agri-connect:20200918211722j:plain

「2020 / 09 / 05:シナノドルチェの選り取り収穫(1回目)」

キレイに色付いていると思って収穫したら、虫の被害が多数・・・(涙)。
かなりロスが出ました。

f:id:agri-connect:20200918214632j:plain
「2020 / 09 / 12:虫の被害」

鳥つつきの被害が多かった‟シナノリップ“と近い場所に樹があるのですが、不思議と鳥つつきの被害はほとんどありません。
≪関連ブログ≫ 2020/08/10★わが畑の“早生種”のりんごたち(シナノリップ・つがる) - 思い立ったが吉日!

 

2020年9月12日(土)
シナノドルチェ、2回目の選り取り収穫。

f:id:agri-connect:20200918212251j:plain
「2020 / 09 / 12:今日のカエルくん。いつも色のいいりんごを陣取っています」


前回の選り取り収穫からそれほど日が経っていませんが、虫にやられる前に収穫できるものはしてしまおう、と思いました。
(少し早取りでもお金になりますが、虫にやられたものはお金になりません)。

f:id:agri-connect:20200918212109j:plain

f:id:agri-connect:20200918212126j:plain
f:id:agri-connect:20200918212130j:plain

「2020 / 09 / 12:だいぶ色が付いてきました!」
 

今年の3月、高密植栽培の苗木(「M9(エムキュー)台木自根(じこん)」)を譲っていただいた“シナノドルチェ”も、少しですが収穫を迎えることができました。

f:id:agri-connect:20200918212531j:plain
「2020 / 09 / 12:M9(エムキュー)台木自根(じこん)のシナノドルチェ」

f:id:agri-connect:20200918212538j:plain
「2020 / 09 / 12:本格的な収穫は、来年以降に期待!!」

≪関連ブログ≫
 2020/03/28★りんごの「高密植(こうみっしょく)栽培」に挑戦します!! - 思い立ったが吉日!

 

f:id:agri-connect:20200918212851j:plain
「2020 / 09 / 12:2回目の選り取り収穫で、3コンテナと1カゴ分の収穫」


‟シナノドルチェ”は長野県のオリジナル品種です。

長野3兄弟(秋映・シナノスイート・シナノゴールド)ほど、栽培している農家さんが少ないようですが、とてもおいしいりんごだと思います。

ただ・・・「虫の被害」でロスがたくさん出たので、ココは何とかしなければならない課題かと。

高密植栽培の幼木がしっかり根付いて育てば、もう少し収穫量が増えるはず。
来年以降が楽しみです!!

 

今年のつがるの収穫&出荷、すべて終わりました!

 

9月になり、青森県産のりんごが収穫&出荷が始まりました。
出荷量も多いとのことで、価格が下がること必至。一日でも早い出荷が望まれます。

 

2020年9月2日(水)
つがるの畑の半分以上は収穫しましたが、まだまだりんごが残っています。

f:id:agri-connect:20200914232109j:plain
f:id:agri-connect:20200914232218j:plain
「2020 / 09 / 02:つがるの畑」


2020年9月4日(金)
収穫できそうな色付きのものは‟小玉”ばかり。
そろそろ「全取り収穫」をしようかと思っています。

f:id:agri-connect:20200914232327j:plain
「2020 / 09 / 04:今日のカエルくんは、色が白っぽい」


2020年9月6日(日)
今日から、つがるの「全取り収穫」が始まりました。
ここ最近は夕方に通り雨が降ったり、朝晩は涼しくなってきて気温差があるため、ほとんどのりんごが出荷できるほどの色付きになっていました。

そして、りんごの上に居るカエルくん。今日は特に多かったです。

f:id:agri-connect:20200914232645j:plain
f:id:agri-connect:20200914232650j:plain

f:id:agri-connect:20200914232655j:plain
「2020 / 09 / 06:今日のカエルくんたち」


2020年9月8日(火)
この日の午前中で、つがるの収穫がすべて終わりました。
そして(私たちは)JA選果場への出荷、この日が最終です。

f:id:agri-connect:20200914233325j:plain

f:id:agri-connect:20200914233303j:plain
f:id:agri-connect:20200914233423j:plain

「2020 / 09 / 08:つがるの収穫最終日。今日もカエルくんに会えました」

午後からは、急きょ借りることができた作業小屋で選果をしました。

作業小屋を借りる前は、自宅に持ち込んで選果していました。
自宅は狭く、選果したりんごを置くスペースもないため、とにかく作業効率が悪かったので、この作業小屋を借りることができて本当にありがたいです。

f:id:agri-connect:20200914233540j:plain
「2020 / 09 / 08:作業小屋で選果作業の様子」

 

2020年9月9日(水)
昨日選果して箱詰めしたりんごを市場へ出荷して、今年の「つがる」の収穫&出荷はすべて終了しました

f:id:agri-connect:20200914233626j:plain
「2020 / 09 / 09:市場へ出荷(つがる)」

 

8月19日からつがるの収穫が始まり、出荷しています。

少しずつですが、出荷した分の収入が入ってくるようになりました。
就農してから出費ばかりだったので、待ちに待った収入は本当にありがたいです。

早生種は、暑い時期の収穫なのでとても大変ですが、台風の被害がほとんどなく早い時期から収入を得ることができることが最大のメリットだと思います。

 

≪2020年 つがる≫
2020/01/26★「就農1年生」スタートしました!まずは剪定作業から!2020(わい化のつがる) - 思い立ったが吉日!
2020/01/30★樹は静かに語る。樹と向き合って感じること。 - 思い立ったが吉日!
2020/02/26★剪定の切り口と、削り取った病患部に薬を塗布しています! - 思い立ったが吉日!
2020/04/30★摘蕾(てきらい)&摘花(てきか)作業を始めました! - 思い立ったが吉日!
2020/05/08★“受粉隊長たち”のおかげで、摘花から摘果へ! - 思い立ったが吉日!
2020/05/17★一輪摘果が始まりました!(つがる) - 思い立ったが吉日!
2020/07/17★仕上げ摘果が始まりました!(つがる・シナノスイート・シナノゴールド) - 思い立ったが吉日!
2020/07/26★ふじの仕上げ摘果と、つがるの鳥つつき対策 - 思い立ったが吉日!
2020/08/10★わが畑の“早生種”のりんごたち(シナノリップ・つがる) - 思い立ったが吉日!
2020/08/25★つがるの葉摘み作業&収穫が始まりました! - 思い立ったが吉日!
2020/09/05★“つがる”の収穫で大忙しです! - 思い立ったが吉日!

 

住宅の使用期限の延長が“可決”されました

 

北海道から長野県へ移住して、今年の4月で丸2年が経ち「3年目」を迎えました。
移住した時から住んでいる住宅は【3年間】という期限付き。

住み始めた時から【3年間】のカウントダウンが始まっているので、住宅を探し続けていますが、未だ見つかっていない状態です。
 ≪関連ブログ≫ 2020/07/02★移住を促進していても「住める家」がない現実 - 思い立ったが吉日!

 

そんな状況の中、9月に開催された松川町議会にて、私たちが住んでいる住宅の使用期限が「3年→5年」への延長可決されました。

引き続き、住宅を探している状況は変わっていませんが、あと2年間はこの地に住めることと、住宅を探す猶予をいただけたことに心より感謝いたします。

 

 

Iターンで新規就農を目指すことは、本当に大変です。

技術習得」はもちろんむ場所の確保」資金の確保」「農地の確保」「作業小屋の確保」そして「販売先の確保」・・・。

  ≪関連ブログ≫ 新規就農者が直面する悩み カテゴリーの記事一覧 - 思い立ったが吉日!

 

“つがる”の収穫で大忙しです!

 

私たちの畑は、8月19日から“つがる”の収穫が始まりました。

私が住んでいる地域は、長野県でも南に位置していて(南信)、県内でもいち早くりんごの収穫が始まります。

他の地域のりんごが流通する前に出荷できることは強みでもあり、一日でも早く収穫して出荷すれば、高値で取引されます。

“つがる”は、食感が柔らかくなるのが早いので、赤く色づくのを待ってからの収穫ではなく、早め早めに収穫します。

 

2020年8月21日(金)
この日は、葉摘み作業をしました。
わい化の樹ですが、巨大化しているので普通樹とあまり変わらず、樹の内側は陽が当たりづらく、色付いていないものが多いです。

f:id:agri-connect:20200904225549j:plain
「2020 / 08 / 21:一昨日に収穫したので、収穫できるほど色づいていません」


2020年8月24日(月)
ようやく、りんごが色付き出しました。この日から毎日、収穫作業に追われています。

f:id:agri-connect:20200904225841j:plain

f:id:agri-connect:20200904225850j:plain
f:id:agri-connect:20200904225956j:plain

「2020 / 08 / 24:ここまで赤くなる前のりんごも収穫しています」

f:id:agri-connect:20200904230007j:plain
「2020 / 08 / 24:鳥につつかれる前に収穫したいが、鳥の方が一枚うわて」


2020年8月25日(火)
この日もとても暑く、暑い時期の収穫作業はなかなか大変です。

f:id:agri-connect:20200904230438j:plain
「2020 / 08 / 25:今日のカエルくん」

 

2020年8月26日(水)
昨日、JAから長野県の北信・中信のりんごが出始め、青森県産のりんごも出始めれば、価格が大きく変動すると連絡がありました。

赤く色づくのを待っていては高値の時期を逃してしまうこと、すべての作業を夫と2人でこなしているので後々収穫が追いつかなくなると思い、色がほんのり赤くなってきたものからドンドン収穫しています。

f:id:agri-connect:20200904230956j:plain
f:id:agri-connect:20200904231002j:plain

f:id:agri-connect:20200904231010j:plain
「2020 / 08 / 26:つがるの畑」

f:id:agri-connect:20200904231019j:plain
「2020 / 08 / 26:今日のカエルくん」


2020年8月27日(木)
朝からとても暑い日が続いています。収穫作業が、とても忙しくなってきました。

f:id:agri-connect:20200904231558j:plain
f:id:agri-connect:20200904231603j:plain

「2020 / 08 / 27:選果場へ出荷するりんごは、畑で選果しています」

 

JAの選果場へ出荷できるりんごは大きさが決まっていて【小玉】は出荷できません。
コンテナ出荷に小玉が入っていたら、没収されてしまいます(1円も値がつきません)
(※オープンケースに箱詰めすれば【小玉】も出荷できるが、手間と箱代がかかります)

 

この日は収穫したりんごをJAの選果場へ出荷したあと、【小玉】を茶箱へ詰めて、飯田市にある市場へ初めて出荷しました。

f:id:agri-connect:20200904232513j:plain
f:id:agri-connect:20200904232519j:plain

「2020 / 08 / 27:翌日の朝の競り(セリ)で、値が付けられます」


2020年8月28日(金)
この日は15時頃から雨が降る天気予報。
最近、毎日のように雨マークがついても全く雨が降りませんでしたが、この日は予報が当たり、通り雨が降りました。

f:id:agri-connect:20200904232735j:plain
「2020 / 08 / 28:雨が上がり、虹が出ました!!」

 

カエルくんもご機嫌で、りんごの上で“どや顔”です。

f:id:agri-connect:20200904232849j:plain
「2020 / 08 / 28:今日のカエルくん」



2020年8月29日(土)
この日は畑へ行く前に「もなりん」へ袋づめを出荷しました。

f:id:agri-connect:20200904233438j:plain
f:id:agri-connect:20200904233443j:plain

 ≪関連ブログ≫「もなりん」とは・・・?
  2020/08/22★シナノリップを収穫&直売所へ初出荷しました! - 思い立ったが吉日!

【「もなりん」に出荷=売れる】わけではなく、売り場には4日間しか置けないので売れ残れば回収しに行かなければなりません・・・。

f:id:agri-connect:20200904233446j:plain
「2020 / 08 / 29:つがるの袋詰め」

 

全部で8通りある“つがる”の畑の選り取り収穫がひと回りしたので、また最初の通りに戻って選り取り収穫をしていきます。

f:id:agri-connect:20200904234018j:plain
「2020 / 08 / 29:選り取り収穫 2周目」

鳥つつきの被害はだいぶ減りましたが、虫の被害が目立つようになりました。

f:id:agri-connect:20200904234149j:plain
「2020 / 08 / 29:カメムシの被害。 2ヶ所、吸われています」

 

そしてこの日の午前中、高所作業車が納車になりました。
とても状態が良い中古車が見つかり、今日から私は高所作業車にて収穫をします!

f:id:agri-connect:20200905000428j:plain

f:id:agri-connect:20200904233457j:plain
「2020 / 08 / 29:高い場所の収穫は、とても楽チンです」


2020年8月31日(月)
高所作業車のおかげで、脚立の上り下りの収穫より断然スピードアップしました。

f:id:agri-connect:20200904234830j:plain

f:id:agri-connect:20200904234840j:plain
「2020 / 08 / 31:つがるの畑」

 

f:id:agri-connect:20200904234845j:plain
「2020 / 08 / 31:今日のカエルくん」

8月19~31日までで、全体の半分ぐらい収穫して出荷しました。
“つがる”は日持ちがしないので、収穫したりんごを一日でも早く出荷して在庫しないことが重要だと感じました。

早生種は、とにかくスピード勝負!!

M9自根の高密植栽培の樹は、わい化や普通樹よりも色付きが早い。
隣りの農園さんはM9自根の“つがる”なので、今季最初の収穫は色付きが良く、私たちのわい化の“つがる”の3~4倍以上の収穫量でした。

色付きも収量も作業性も、わい化や普通樹ではM9自根にはかないません。
スタートダッシュから、一気に差を付けられました。

引き続き9月も、つがるの収穫が続きます。