思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

~6年ぶりに帰省しました!2024~(北海道札幌市)

 

気づけば 6年ぶり” となりましたが、札幌へ帰省しました。
「2024年2月中旬:札幌駅南口(札幌市中央区)」

 


「2024年2月中旬:マンホール(札幌市)」

 

北海道から長野県へ移住して、めての帰省
≪関連ブログ≫
 2018/05/03★自分たちで引っ越しました(北海道~長野県) - 思い立ったが吉日!
 2018/05/01★はじめに - 思い立ったが吉日!


研修が終わり就農1年目(2020年)帰省する予定でした。
折しも、コロナウイルスの影響で人の移動に制限がかかったタイミングと重なったため、やむなく延期。

そして、2023年のGW明け(05/08)から「5類感染症」となり、このタイミングでようやく帰省しました。


「2024年2月中旬:どこまでも続く・・・とにかく北海道は、でかい!!」

 

 

今回の目的は「帰省」
長期滞在はできませんでしたが「帰省」の意味の通り、
「休暇を使って、一時的に故郷に帰ること」
「親が元気に暮らしているか気にかけたり、自分たちも元気にしていることを見せたりするために、会いに行くこと」

ができて、まずはひと安心です。

そうは言っても、6年ぶりというのは長すぎでしたね・・・。


「2024年2月下旬:新千歳空港上空から(北海道千歳市)」

できれば 年に一回以上” 帰省したいな・・・と思いました。

 

 

【余談ですが・・・】
農業を始めるキッカケとなった鶴居村(北海道阿寒郡)から、長野県へ移住するころからブログを始めました。
≪関連ブログ≫ 2018/05/01★はじめに - 思い立ったが吉日!


ひとつ区切りとしての話ですが、2015年まで札幌市に住んでいました。

その後[道外へ引っ越し]⇒[鶴居村へ引っ越し]⇒[長野県へ引っ越し]と怒涛の引っ越しラッシュが続き、長野県へ引っ越してからもまた引っ越し(松川町⇒中川村)をして今に至ります。

2015年以前も、一般的な感覚よりは多くの引っ越しをしています。

【色々な地域に引っ越して生活を営むコト】は【長い時間をかけてバイクで日本縦断したコト】と相まって、その経験がすべて自分の肥やしとなって、今に至ります。

 

剪定作業、後半戦(高密植栽培)始まりました!2024

 

高密植栽培の剪定作業が、始まりました!
太い枝の剪定はほとんどなく、切るところは“立ち枝”などの樹勢が強い枝で、あとは誘引作業がメインです。
「2024年2月上旬:雪でまぶしいので、サングラス必須です!」
≪関連ブログ≫
 2024/02/08★雪中剪定、始めました!2024 - 思い立ったが吉日!
 2024/02/03★剪定作業、前半戦(わい化)はまもなく終了!2024 - 思い立ったが吉日!
 2024/01/05★剪定作業、始まりました! 2024 - 思い立ったが吉日!



休眠中下垂誘引【樹への負担が大きい】ことを承知で、剪定作業と並行して下垂誘引を進めていきます。

休眠中枝が固くて折れやすいので軽く引く」下垂誘引に留め、しっかり下垂誘引をするのは春以降(または6~7月から)に行う予定です。
≪関連ブログ≫ 2023/07/04★高密植栽培の下垂誘引が始まりました!2023 - 思い立ったが吉日!

 

高密植栽培の樹は【切るところが少ない】ので「切り口に塗布する薬が少なく」「枝の片付けも少ない」ので、作業省力化を計れます。

ただ、本数がものすごく多いので、畑の面積(植えてある本数)に比例して時間がかかります。

それでも、高密植栽培【畑の面積当たりの収量が多い】ので、手をかけた分のリターン大きいです。


りんく農園では、改植して「畑を作り変えて」います。
幼木たちはすくすく育っていて、少しずつ収量品種も増えてきているところです。

 

雪中剪定、始めました!2024

 

2/5(月)で、りんご畑は一変して真っ白になりました。

翌日・翌々日、が解けるのを待ちましたが、なかなか溶けないので本日より「雪中剪定」を始めました。

「2024/02/08:雪化粧したりんご畑(りんく農園)」

 

がほとんど降らない地域に住んでいるから、たまに降る「きれいだな」「静かだな」と、思えます。

これが日常だったら、ホントに大変です。
青森県のりんご農家さんたちを、尊敬します!

 

「2024/02/08:いつもに増して、とても静かです」

 


「2024/02/08:切り口に薬を塗布しているところ」

 

ここは長野県の南部に位置するのでがあまり降らない地域ですが、毎年2月はそれなりにが降ります・・・。
≪関連ブログ≫
 2023/02/25★「40代はまだまだ若い!?」と、実感したこと! 2023 - 思い立ったが吉日!
 2022/02/15★雪中剪定、始めました!2022 - 思い立ったが吉日!

 

今回のが溶けるには、あと2~3日かかるかな・・・。

 

「おろしりんごジュース」の発送が始まりました!②(2023年ご予約:2月発送分)

 

ご予約いただきました皆さま、「お待たせいたしました!」

昨年(2023年) の秋に収穫した「サンふじ」で作った、りんく農園「おろしりんごジュース」【予約販売:第2弾】の発送が始まりました!!(2024年2月ご発送分)

   「2本セット」        「6本セット」        「12本セット」

 

ご予約いただきました皆さまには、心より感謝申し上げます!!

「3月ご発送」の皆さまには、後日改めてご連絡いたします。
よろしくお願いいたします!

≪関連ブログ≫
2024/01/09★「おろしりんごジュース」の発送が始まりました!①(2023年ご予約:1月発送分) - 思い立ったが吉日!
2023/11/01★「おろしりんごジュース」の予約受付は終了しました!2023 - 思い立ったが吉日!
2023/03/19★【お知らせ】「おろしりんごジュース」の予約販売が始まりました!2023 - 思い立ったが吉日!

 

剪定作業、前半戦(わい化)はまもなく終了!2024

 

から見える3000m級山々は真っ白な雪化粧をしていますが、周辺は雪ではなくが降ります。

天気がいい日はポカポカ陽気で剪定作業がとても捗りますが、時には“冬の厳しい寒さの洗礼”を受けます。

「2024年2月上旬:中央アルプスから吹き降りてくる冷気で、とても寒かった日」

 


剪定作業「わい化」の樹が、まもなく終わりそうです。

その後は「高密植」の剪定作業が始まります。
高密植は太枝の剪定がほとんどなく、一部ハサミを入れたり誘引しながら作業を進めて行きますが、とにかく本数が多いのでこちらも時間がかかりそうです。

外仕事が続くので、体調管理には気を付けています。

寒い中の外仕事は大変ですが、暖かくなり樹の芽が動き出してしまうのはもっと困るので、この寒さはしばらく続いてほしいです。

「2月が2回(2ヶ月)あればいいな・・・」と、思います。
果樹農家の忙しい冬は、もう少し続きます!

≪関連ブログ≫ 2024/01/05★剪定作業、始まりました! 2024 - 思い立ったが吉日!

 

~中央新幹線(通称:リニア中央新幹線)を見てきました 2024~(山梨県笛吹市)

 

今回、偶然が重なり「中央新幹線」が、試験走行しているところに遭遇!
「2024年1月中旬:生リニア、初めて見ました!!かっこいい!!(中央新幹線)」

 

国道137号を車で走行中【リニアの見れる丘 花鳥山展望台 4㎞】という小さな看板を偶然見つけ、のどかな農道を走り「花鳥山展望台」に辿り着きました。

 

展望台なので景色がとてもキレイで、写真を撮りつつのんびりしていました。
突如「ゴゴゴゴゴゴゴ」と音がして、何か来た!?と思っていたら、なんと!!
「中央新幹線」が走ってきました!!
「2024年1月中旬:ひたすら連写!!!(中央新幹線)」

 

まさかまさか、見れるとは思っていなかったので、大興奮!!

走り去ったあとも興奮の余韻は収まらず、立ち寄ったことは偶然でしたがホントにいいものを見せていただきました!!

その後、近くの小屋で休憩でも・・・と思いましたが、ここは休憩所を兼ねて中央新幹線の試験走行の状況が表示されているモニターが設置されていました。


「2024年1月中旬:列車速度 504㎞/h !!!(中央新幹線)」

 

「浮上走行中です。」って、近未来的な言葉にまた興奮!!

中央新幹線は、磁力の反発力と吸収力を利用して車体を浮上させる【超電導浮上式リニアモーターカー】なのは、知識としてはなんとなく理解しています。

水の中では「浮く」という似たような体験はできるものの、陸での日常生活において「浮く」とか「飛ぶ」ことは身一つではできないので、うまく言えないのですがとにかく大興奮しました。

 

この日のギャラリー(?)は、私たちを含め3人のみで駐車場はガラガラでした。
中央新幹線の開通が近づけば、この場所は人であふれ返ることと思います。

展望台の近くには、農家さんが育てている 桃の畑 が多く点在していました。
桃の開花時期は、それはそれは美しい景色が見られることと思います。

その際、無断で畑に入ったり、車を停めたりしないでいただきたいと強く思います。

農家にとっては、職場です
生計を立てるための、大切な場所です
周辺には、見えない壁があるんです

悪気なく、軽い気持ちでやっていることとと思いますが、これは犯罪です。
軽犯罪法 第一条32号
「入ることを禁じた場所または他人の田畑に正当な理由がなく入った者」
に該当します。

実際、りんく農園(私のりんご畑)にて「無断で入ってきたり」「無断で車を停めたり」「無断で畑の中を車で走行」されたことは何度もあります。

無断で入ってきた人には声をかけますが、ほとんどの人はそれで理解してくれます。
過去に声をかけて話をしても、全く悪びれず、言い訳ばかりしている人がいたので 軽犯罪法 第一条32号 の内容をお伝えして、以後改めていただきました。

 

ここの展望台に限らず、のどかで美しい景色は日本中たくさんあります。
どうぞマナーを守って、おでかけください。

 

~大涌谷(おおわくだに)へ行きました 2024~(神奈川県足柄下郡箱根町)

 

「箱根神社」のあと、火山活動で形成された箱根屈指の景勝地「大涌谷(おおわくだに)」へ行きました。
≪関連ブログ≫ 
2024/01/20★~箱根神社へ行きました 2024~(神奈川県足柄下郡箱根町) - 思い立ったが吉日!


「2024年1月中旬:大涌谷にて」

 

「大涌谷」では、岩山の至るところから噴煙が上がっていて、現在も火山活動が続いています。
「2024年1月中旬:ここに湧き出た温泉を、箱根温泉の各地へ運んでいるとか」

 

以前は、この先にある「黒たまご茶屋(たまご蒸し場)」まで徒歩で行けたそうですが、現在は立ち入り禁止。

この入口からけっこう距離があるように見えますし、人体に有毒な火山性ガス(硫化水素、二酸化硫黄)がモクモクと発生しているので、ちょっと危険な感じはします。


「2024年1月中旬:ご自身の体調により、見学を取りやめる勇気も」

 

くろたまご館にて「黒たまご」を購入。
見事な黒色「温泉成分の硫化水素と鉄分が結合し、硫化鉄になったから」
カラをむくと、よく見るゆでたまごのように白色でした。


「2024年1月中旬:【一つ食べると7年延命】の黒たまご!!」

この日は天気がよかったのですが、帽子が吹っ飛んでいきそうな強風。
冬用のジャンバーを着込み、見学しました。
標高が1000m以上あるので、夏でも長袖必須な場所です。

次回は、風が穏やかな時に来てみたいです!

≪関連ブログ≫ 
2024/01/20★~箱根神社へ行きました 2024~(神奈川県足柄下郡箱根町) - 思い立ったが吉日!

 



【番外編:磐梯吾妻スカイライン(福島県)】
日本の各所に温泉が湧き、ダイナミックに火山性ガスが噴き出している場所は多々あります。

「磐梯吾妻スカイライン」は、吾妻連峰を縦走する日本初の山岳道路「日本の道100選」にも選ばれています。
「2014年7月撮影:この画像では伝えきれない、圧巻の景色の連続です!!」

全長約30㎞のワインディングロードは、車もバイクも楽しめます!

ただし、火山性ガス濃度が高くなる場所があります
注意喚起の看板が設置されていますので、気を付けて走行して楽しんでください!!