思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

イチゴが実を付け始めました(花托と本当の実)

 

昨年の秋に植え付けた、イチゴの苗がグングン大きくなってきました。

f:id:agri-connect:20190521094606j:plain



 

綿棒で人工受粉したり、あとは ハチに任せていましたが、
受粉に成功したものは実を付け始めました。

f:id:agri-connect:20190519211519j:plain
「2019 / 05 / 03」

≪関連ブログ≫
 2019/03/20★イチゴの花が咲き始めました - 思い立ったが吉日!

                                                                                           

受粉がうまくいかずに、枯れてしまったものも・・・

f:id:agri-connect:20190520220010j:plain
f:id:agri-connect:20190520215955j:plain

 

 

そして2週間後には、ほんのり赤くなってきました!!!
収穫までもう少し???

f:id:agri-connect:20190519211757j:plain
「“イチゴ” っぽくなってきました!(2019 / 05 / 18)」

 
赤く色づき、収穫しました!!

f:id:agri-connect:20190522212544j:plain
「自分が楽しむためのイチゴなので、これで十分です!(2019 / 05 / 22)」



今回、イチゴのことを調べていて知ったこと。

【イチゴの】と言えば、「よく食べている赤い部分」だと思っていました。

f:id:agri-connect:20190521205016j:plain
「よく食べている赤い部分」


①この「よく食べている赤い部分」は、【イチゴの】ではなく
 「花托(かたく)」または「花床(かしょう)」と言います。

f:id:agri-connect:20190521210053j:plain
「“よく食べている赤い部分” は【イチゴの実】ではなかった・・・」


②【イチゴの】とは、どこなのか???
 ⇒イチゴのつぶつぶの部分
 ⇒今まで「種」だと思っていたものが【イチゴの

f:id:agri-connect:20190521211256j:plain
「いちごのつぶつぶ部分が【イチゴの実】・・・!!」


③「イチゴの」とは、どこなのか???
 ⇒【イチゴの(イチゴのつぶつぶ)】の中に が入っています。

 

 

さらに・・・!!!

イチゴと同じ “バラ科”りんご も同様で、「よく食べている果肉部分」
実ではなく「花托(かたく)」または「花床(かしょう)」と言います。

f:id:agri-connect:20190522214953j:plain
f:id:agri-connect:20190522215102j:plain

「よく食べているココは“実”ではなかった」【花托(かたく)とは - コトバンク】から引用

 

では、【りんごの実】どこなのか???
 ⇒りんごの種を囲んでいる、「芯」と呼ばれ捨てている部分です

f:id:agri-connect:20190522220342j:plain

 ※子房(しぼう)・・・受粉後に発達して「実」となる部分
 ※胚珠(はいしゅ)・・受粉後に発達して「種」となる部分



「イチゴ」から「りんご」の話になってしまいましたが、
いろいろと驚きで、まだまだ知らないことがたくさんあります。

今は日々、「勉強」がとても面白いです。

 

 

≪参考資料≫ 

   知っていると面白い! いちごの実は赤い部分ではない   LOVEGREEN
   https://lovegreen.net/homegarden/p73482/

   花と果実
   http://malus.my.coocan.jp/hana_to_kajitu/hana_to_kajitu/hana_to_kajitu.htm


   花托(かたく)とは - コトバンク
           
https://kotobank.jp/word/%E8%8A%B1%E6%89%98-44919