思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

今年も折り返し、後半戦が始まりました!2024

 

7月になり、今年も折り返し
梅雨の晴れ間が続き、とても暑い日が続いています。

畑のりんごたちは、日に日に大きくなっています!
極早生種の「シナノリップ」は、1ヶ月ほどで収穫を迎えます。
「2024年7月上旬:順調に育っています!(シナノリップ:高密植栽培)」


今年の前半(1~6月)の降水量累計は、就農した2020年から2024年までの5年間の中で過去最多降水量となっています。

昨年も同じことを記載していますが、その昨年の降水量を今年は上回っています。
≪関連ブログ≫
2023/06/14★適量とは言えませんが、全滅ではなかったことが救いです!2023 - 思い立ったが吉日!

 

【降水量の累計(1~6月)】※降水量は、りんく農園の所在地域
 2020年⇒1033.3㎜
 2021年⇒1072.5㎜
 2022年⇒  377.0㎜
 2023年⇒1352.5㎜
 2024年⇒1419.0㎜

 

今は梅雨の真っ最中。
梅雨が明けても台風ゲリラ豪雨などの影響で大雨、昨年のように高温少雨、どちらも農作物への影響は甚大ですが、今年の行方は・・・!?

【年間降水量の累計(1~12月)】
 ※降水量は、りんく農園の所在地域
 ※下記カッコ内は、農林水産省の評価から抜粋:長野県

 2020年⇒2250.3㎜(おおむね生育良好)
 2021年⇒2486.0㎜(春の遅霜で着果量減少)
 2022年⇒1251.0㎜(おおむね生育良好)
 2023年⇒2030.5㎜(果実肥大期の高温少雨、日焼け果発生)
 2024年⇒???

 

遅霜の影響がなかった2020年2022年は、生育良好

一見、降水量は関係ないように見えますが、降り方タイミングが大きく影響するのかな・・・と(※毎日降水量を追っている、私の主観です)。

無事に収穫するまでは、気を抜けません。
厳しい自然の脅威にさらされる、悩ましい後半戦が始まりました。

≪関連ブログ≫
2023/06/14★適量とは言えませんが、全滅ではなかったことが救いです!2023 - 思い立ったが吉日!
2022/08/02★日々のデータ集めは、将来の大きな財産!? 2022 - 思い立ったが吉日!