思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

病患部の削り取り作業が始まりました!(腐らん病②)

 

前回につづき、“腐らん病” のお話です。
 ≪関連ブログ≫
  2019/03/14★病患部の削り取り作業が始まりました!(腐らん病①) - 思い立ったが吉日!

 

≪“腐らん病”とは

 ■腐らん病の菌は、胞子を噴出して樹の傷口から侵入する

 ■腐らん病になった樹から、胞子を噴出して他の樹へ感染する

 ■樹皮を褐変・軟化腐敗させ、病患部が枝や幹を一周すると、その先へ養分が
   行き渡らなくなり枯死する

 ■腐らん病は、黒い病斑が特徴
   病患部は陥没していたり、ヒビ割れたようになる(下記画像参照)。

f:id:agri-connect:20190324211755j:plain
f:id:agri-connect:20190324003557j:plain
f:id:agri-connect:20190324214530j:plain


 ■ 初期は黒い病斑が見られず、樹皮の色に変化(赤っぽい色)が現れる。

 ■腐らん病は、アルコールのようなフルーティーのような独特の香りがする
  (昨年に進行した部分は乾燥していて、香りはしない)。

 ■病気の進行が早く、早期発見・早期治療が最善策だが、治療しても転移して
   再発する可能性がある

 

≪治療法≫
  ⇒病患部を 全て削り取り、薬を塗布 する。

  ⇒腐らん病が広範囲に進行している場合は 切り落とす
   (病患部が枝や幹を一周すると、その先へ養分が行き渡らなくなり
    治療しても枯死するため


≪かかりやすい品種≫
   紅玉、ジョナゴールド、王林、つがる、陽光

 

前回につづき、“腐らん病”の事例です 。

★“腐らん病”を発見!

f:id:agri-connect:20190323234952j:plain

f:id:agri-connect:20190323235047j:plain
f:id:agri-connect:20190323235059j:plain

「樹皮の色が明らかに違っていたので、すぐに気づきました」

 

★病患部を削り取る

f:id:agri-connect:20190323234952j:plain
f:id:agri-connect:20190324000237j:plain

「削り取り:Before①」         「削り取り:After①」

 

茶色の部分を削り、形成層(黄色い部分)が出るまで削りました。
形成層の下が “薄い茶色” になっているのは、
腐らん病がさらに進行しているため!!

f:id:agri-connect:20190324000330j:plain
「この茶色い部分が出てこなくなるまで削り取ります」

 

★病患部の削り取り完了

f:id:agri-connect:20190324001606j:plain

 

この部分だけで、なんとかつながっています(削っていない部分:約15㎜)
健康な部分が20㎜以上残っている状態が理想ですが、薬を塗布して様子をみます。

f:id:agri-connect:20190324001633j:plain
「もし再発すれば(病患部が一周してしまうので)来年は切ることになります」

 

★薬を塗布

f:id:agri-connect:20190324002037j:plain

 

 

同じ枝の反対側。

こちら側も、腐らん病が進行しています。

f:id:agri-connect:20190324003509j:plain

 

“腐らん病”の特徴である「黒い病斑」がハッキリわかります。

f:id:agri-connect:20190324003557j:plain
「上記画像の、黄色い丸印部分」

 

★病患部を削り取る

f:id:agri-connect:20190324004521j:plain
f:id:agri-connect:20190324004532j:plain

「削り取り:Before②」         「削り取り:After②」

 

★薬を塗布

f:id:agri-connect:20190324004532j:plain
f:id:agri-connect:20190324205453j:plain

「塗布:Before」            「塗布:After」

 

同じ樹が2つとして無いように、進行状況もさまざまです。
見つけることができれば、方法さえ知っていれば誰でも治せます。

今回、たくさんの樹を見て・触って・治療しましたが、回数を重ねるごとに
最初は見えなかったものに気付くことができるようになりました。

病患部をいかに早期発見できるかが、とても難しく、重要だと思います。 

 

≪関連ブログ≫
   2019/02/18★りんごの剪定作業が始まりました!③:ふじの成木(15年生) - 思い立ったが吉日!
  2019/03/14★病患部の削り取り作業が始まりました!(腐らん病①) - 思い立ったが吉日!