思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

りんごの出張販売へ行ってきました!

 

12/28は職場の仕事納めと忘年会でしたが、私たちの仕事納めは【12/30】で、
今年収穫した “ふじ” の出張販売へ行ってきました。

f:id:agri-connect:20181230224401j:plain
「オープン前、準備している様子」

 

朝04:45に会社を出発。
夜明け前なので外はまだ暗く、空は星がギラギラしていました。

途中で2回休憩を取り、高速道路を走ること2時間半で目的地に到着。
荷物を降ろして、セッティング。

f:id:agri-connect:20181230224604j:plain
f:id:agri-connect:20181230224621j:plain

 「かご盛り(500円)は、売れたらその都度作り、販売しました」

 

≪用意したもの≫
  ●かご盛り          (自家用・   500円)→たくさん
  ●バケツ盛り       (自家用・1,000円)→たくさん(途中から販売)
  ●オープンケース (贈答用・1,500円)→60箱
  ●茶箱                  (自家用・2,500円)→50箱
  ●アウトレットジュース(おろしりんご・100円)→540本
  ●          (クランベリー・100円)→480本
  

 

いつもは09時オープンですが、今日は08時半にオープン。
オープン前はいつも、長蛇の列になるそうです。

f:id:agri-connect:20181230224940j:plain「販売場所は、メイン出入り口横の最優位置」


年の瀬の忙しい時期。
どれだけ売れるのか予想ができませんが、午前中が勝負と思い皆で声を出し
呼びかけました。

自分たちが手をかけて育て、選果・収穫したりんご。
おいしい自信100%なので、まずは立ち止まって試食を食べていただき購入に
つなげました。

 

15時半までの販売で、目標売上には及びませんでしたが、自分たちが作ったものを
出張販売する大変さと楽しさを学びました。

「今年の11月、りんご狩りに行ったのよ」とか
「以前、農場に買いに行っておいしかったから買いに来た」というお客様が居て
とても励みになりました。

試食を食べて「おいしい!」の声は、本当にうれしいものです!

 

今年の4月に北海道から長野県へ引っ越し、5月から仕事がスタート。
りんごの摘果作業から始まり、今日までいろいろな事を学び、経験させて
いただきました。

まだ1年経っていないのですが、とても充実した濃厚な時間を過ごしています。
年明けからは、次の収穫を左右するほど大切な選定作業が始まります。