思い立ったが吉日!

~40歳過ぎから始める新規就農~

“ふじ” の選り取り(えりどり)収穫が始まりました!

 

日中は20℃近くまで気温が上がり、11月とは思えない陽気です。

夏の猛暑や寒暖差不測の影響で “ふじ” に蜜入りが心配されましたが、標高が高い畑から “ふじ”「選り取り(えりどり)収穫」が始まりました。

 ※「選り取り(えりどり)収穫」とは・・・収穫できる実を選んで収穫すること

f:id:agri-connect:20181112212257j:plain「遠く、北岳(標高3,193m)と 間ノ岳(標高3,189m)と望む」

 

 ≪ふじ≫

 ・農林省園芸試験場東北支場が「国交(こっこう)」と「デリシャス」を交配、育成

 ・1962年(昭和37年)に「ふじ」と命名され、りんご農林1号として農林登録される

 ・日本で一番多く生産され、世界でも最も多く生産されているりんご

 ・貯蔵性が高い

 ・蜜が入りやすく、甘みと酸味のバランスが良い

 ・果重:300~400g前後

 ・糖度:約15%

 

f:id:agri-connect:20181112222535j:plain

 

8月下旬からりんごの収穫を迎え、様々なりんごを収穫してきましたが
“ふじ” は特に見極めが難しいと感じます。

 

●赤くても、お尻が緑色であれば、収穫はしません
 →緑色が抜けて、黄色または赤色になっていれば “収穫のサイン”

●りんごの「表面がしっとり」していれば “収穫のサイン”

f:id:agri-connect:20181112212403j:plain「お尻が黄色く、艶っぽくなっています。手前・奥のりんご 共に収穫しました」

 

●赤くても、ブルームで白みがかっていれば、収穫はしません
 →ブルームが抜け、赤く艶(つや)っぽくなっていれば “収穫のサイン”(上記画像)f:id:agri-connect:20181112223610j:plain
「ブルーム(bloom):果実の水分蒸発を防ぎ、病気などから果実を保護している」

 

 

これらが当てはまる “選ばれしりんご” 「選り取り(えりどり)収穫」します。

f:id:agri-connect:20181112221618j:plain
f:id:agri-connect:20181113163912j:plain

 

初めは慎重すぎて(?)収穫ができず、手に取るりんごひとつひとつを収穫していいのか
確認していましたが、少しだけ分かった気がします。

 

まだまだ経験不足なので、もっともっともっともっと収穫の回数をこなして
「選り取り(えりどり)収穫」を感覚で覚え、身体にたたきこみたいです。

f:id:agri-connect:20181112222210j:plain